読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その瞳は宝石よりも

ジャニーズWEST神山担の思い出メモ

愛し合ったら燃えちゃった

Vamp Bamboo Burn 発売日~!いえーい!おめでとうございます。タワレコから発売のお知らせメールが来たときは仕事がめっちゃ忙しいときだったから嬉しすぎてロッカーで泣いたよ……そしてごめんよ予約はセブンネットでしました……ごめんなさいどうでもいい話…。ほんとにほんとに、この作品を映像化してくれてありがとうございます。
神ちゃんの外部舞台が決まったと聞いた時にどんなに嬉しかったかっていうのは前の時にもさんざん書いたと思うけど笑、神ちゃんの演技が好きだったし、劇団☆新感線という老舗劇団のなかで、しかも斗真先輩と共演できることの凄さは、すごいなあすごいなあと言いながらも初日を迎えるまではぼんやりとしていて。長野ではじめてこの舞台を見た時に、神ちゃんはほんとにすごい才能を持ってて、それを生かせる場所をどんどん見つけて行くんだなあって、寂しいとは全然違うけど手放しで嬉しいかというとそれもちょっと違う、勝手に応援している身なので誰目線やねんって感じはするけど誇らしいって気持ちが一番だった気がする。そんな気持ちでいっぱいでした。かわいくて、時にかっこよくて、お茶目で、セクシーな蛍太郎が見られて、夏フェスではちょっと砕けたナチュラルボーンなかっこよさ、京次郎たちとのダンスシーンでは超クールな一面を見せてくれる、出てる時間はそれほど長くないけど、ジャニーズWESTでいるときの神ちゃんとはまた違った魅力をたくさん見せてくれた舞台。そんなに回数を見に行くことはできなかったけど、それがなんと家のテレビで見られる幸せ。収録入ったっていうのを知らなかったからこのままポンコツな記憶を頼りに思い出しながら好きでいるしかないのか……と思っていたので、映像化してくれてほんとにありがとうございます。…とここで言っても伝わらないのでどこかしらに言いに行こう。お礼言いたい!!

以下は蛍ヒメ推しの戯言です(真顔)。ネタバレしかない。
神ちゃんが出るからということで見に行った舞台だけれど、舞台のなかで私の心をがっちり掴んだのはヒメちゃんでした。蛍太郎を愛しすぎていて、蛍太郎を殺したであろう藤志櫻を恨んでいくことだけで一千年もの間、いろんな姿で生きてきたヒメちゃん。最後のCLUB朝廷で泣きながら蛍太郎の形見を手に闘うヒメちゃんを見ているのがつらいつらい。藤志櫻の言葉に心乱されながら、どんどん憎しみに雁字搦めになって、斧捌きが鈍くなっていって、その心の痛みが見ている側にも苦しいほど伝わってくる。中村さんのヒメちゃんはほんとに心を握り潰されるみたいに見ているだけでつらくなった。
正直私は一千年前に栄子姫が蛍太郎を殺した(ほんとは違うかもしれないけど)藤志櫻にコロッと惹かれてしまうのが本当に許せなくて、藤志櫻の情熱とか、そういうのに抗えない魅力を感じたのかもしれないけど、祝言の日に好きな人が殺されたのにそんなに簡単に乗り換えるか〜??と毎回もやもやした気持ちで見ておりました笑。
対してヒメちゃんは藤志櫻のことを殺したいくらいに恨んでる。ずーーーーーっと。蛍太郎のことを今でも愛していて、せっかく再会できたというのに二度も愛するひとを失くしてしまった時に、振り返った瞳に涙を浮かべて、怒りと悲しみが混ざってどうしようもない感情を歌い上げるヒメちゃんは本当に綺麗で悲しかった。
栄子姫は蛍太郎を愛しているけど、藤志櫻を憎からず思うところもあって、ヒメちゃんは蛍太郎を失くした絶望と、思い出のなかの幸せと、藤志櫻への恨みで出来てる。この二人は同じ二人のはずなのに、出てくると全然違う人みたい。言葉にすると難しいけど、例えば藤志櫻と闘う時だって、ヒメちゃんは蛍太郎を味方にするみたいに大事な形見を手に恨みを晴らすためだけにそれを振るうけど、栄子姫はもっと好戦的で、藤志櫻と剣を交えることを楽しみにしてるとさえ思っているように見える。「わたしたちが愛し合ったらどうなるんだろうね?」なんて台詞、きっとヒメちゃんなら言わないし、私がこの舞台でどうしても寂しかったのは、ヒメちゃんの恨みがヒメちゃんの死とともに栄子姫によって薄れてしまったような気がしてしまったからかもしれない。
当の蛍太郎は再会したヒメちゃんのことをかぐや姫とも認定せず、胸で判断するありさまでしたけれど笑、もしあそこで徳永くんと蛍太郎が交わらず、蛍太郎が生きていたら、ヒメちゃんの血を求めて燃え尽きる運命もあったのかもしれないなと、IF野郎は妄想してしまうのよね。ヒメちゃんは蛍太郎になら吸われてもよかったと思うし、それで死ぬとしても全く後悔は無かっただろうし、愛し合ったら燃えちゃった、っていう切ないしどうしようもないラストを蛍太郎とヒメちゃんで見たかったな〜〜〜!!っていうそれこそどうしようもない願望は、とある日の公演のエンディングで蛍太郎がヒメちゃんに結婚してくださいって跪いたっていうはちゃめちゃ自分の目で見たかったけどありがたいレポによりちょっと昇華されました。蛍太郎とヒメちゃん、末長くお幸せにね!!この話誰かと永遠してたい。

Vamp Bamboo Burn は面白いし笑えるし、楽しいんだけどなんかもやもやして考えちゃうのが止まらない。それが舞台というか作品の面白いところなのかもしれないけど、これからも何度も見て、何度も切なくなって泣いて、なんでこうなっちゃうのってもやもやしながら何度でも見ていきたい。そんな舞台に自担がいることって本当に奇跡だし、神ちゃんがいたからこの舞台を見られてよかった。この舞台を見たから新しい神ちゃんの魅力を知れてよかったって、べそべそしながら本編を見返して思います。
なんか怖くてまだメイキング見てないんだよ……超見たいんだけどなんかこれ見ちゃったら映像化してコンテンツとしてひと段落したことを受け止めなくちゃいけなくてつらいんだよ…という面倒臭いオタクです。
とりあえず!この辺で!Vamp Bamboo Burn 発売おめでとう!コングラッチレーション!!超売れて売れますように!!笑
最高の夏と秋をほんとうにありがとう。