読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その瞳は宝石よりも

ジャニーズWEST神山担の思い出メモ

24から感謝届けます❤

あけましておめでとうございます。風邪ひきましたわ。うっうっ……。

そんな近況報告が終わった今、なうぇすと横浜アリーナ公演が終わってしまいました。お疲れさまです。なうぇすとで24魂の記憶が消えないうちにということで感想文を書いておこうと思ったんだけれども、鳥頭なのですでにやばい。なんかすごかったことは覚えているけれどなんかすごかっただけじゃただの頭悪い感想になってしまうのでセトリを追いながら頑張って思い出していきます。

まずグッズ。新幹線の中でとにかくグッズ列やばいみたいなツイートを見かけて買えなかったらどうしよう!と右往左往していましたが、初日公演の2時間前くらいから並んで30分くらいで買えたのでほんとよかった……。しかも今回のグッズはかわいいのばかりでした。ペンライトはうちでは勝手にユキオと名付けて(安直)ユキちゃんとか呼んでましたけど、さらっと七色変化するペンライトってすごいよね??!かちかちすると色変わるよ!?とテンションめっちゃ上がりました。カウコンにも連れて行ったけれど計4公演だけに使ってあとは使えないのもったいなさすぎる。なんかどっかで使いたい!と思うほど可愛くて、難点を挙げるとするならホルモン踊るときに隣の人を殴らないようにしないといけないスケール感なところでしたが、ペンライトというよりは置物キャラクターという感じに特化していて、名前を付けたこともあるけれどとても愛着があったなあ(笑)ブランケットもふわふわであったかくて、身内の分も含めて3枚くらい買ったらまあまあのボリュームで帰るのめっちゃ大変だった(アホ)マグカップは割ったりしたらと思うと怖くてまだ使えてないんですが、コーヒー飲むのに使いたい。濵田担の身内は嬉々として使ってるマグカップ。濵ちゃんがこんなこと書くんだーと意外だったけど、一番意外というか謎だったのは流星さんよな。マグカップ親子とか斬新すぎるセンスにじわじわ笑ってしまう。

京セラドームはワクワク学校以来二回目だったので、場所は知っているが完全アウェイという感じでした。あとここってどこのホテルを取ったらいいのか全く決められない。今回は心斎橋にホテルを取りましたが御堂筋線に近いホテルだったので、長堀鶴見緑地線を降りる→駅の中をだかだか歩いてホテルに向かうのは正直ちょっと骨だったかも。この会場だったらこことここ、みたいなホテルは知っておきたいところなんですが、なかなかうまく決められないなあ。

コンサートについては出てくる前の映像が面白くて、初日はもしかして上から降ってくるの!?とめでたく頭上を見上げたりもしてましたが(どう考えても危ないやつ)、「これからプレゼントを届けに行くよ!」というわかりやすい感じだったし、メンバーのポジションというかキャラクターを端的に表した自己紹介のようになってもいて、短い時間ですごいなあと思ったような。そこからざんっ!と幕が落とされるところ、ええじゃないかー!ってしげが緊張しつつもきらっきらの笑顔で言うところで本当なら「初っ端ええじゃないかかい!まあ定石か~」なんて笑って見ていたかったけれど、もうぜんぜんだめで。ドームで7人が歌ってる、新しい衣装を着て、緊張しながらも笑って、こんなたくさんのお客さんに囲まれて。そんなの見て泣かないなんて無理だ~!と思いながら、でもちゃんと記憶に、こうして歌ってるWESTを留めておきたいっていう気持ちとの闘いでした(笑)結果ちょっと涙に負けた(笑)ほんとにドームに立ってるんだ!ってメンバーも思ってただろうけど、ファンとしてもその気持ちはすっごく強かったなあ。シングルを追うようなセットリストだったと思うけど、その後のSCARSとCan’t Stopあたりではパリピポを思い出したりもして、特にSCARSをドームで見られたのは嬉しかった。濵ちゃんのアレンジをまた聞けるのもすごく嬉しい。

Jr.コーナーは男の子が見ている時計の針がくるくる逆回転するのを見ながら、これから何が起きるんだろうっていうわくわく感と、何かやばいものがくるぞっていうどきどき感がすごかった。……ような。正直初めて見たときにどこまで自分が予感してたか覚えてないけど。そこから過去の映像が次々流れてきたときにはたぶんこれやばいやつだ……と思っていたと思いたいけど、まさかこんな風な展開になるとは全く予想していなかったので、帰った後もTwitterで延々言ってたけどアメフリのイントロが聞こえたときは幻聴か夢だと思ってた。今でも全然信じられない(笑)
わたしは別にずーーーっと昔から応援してたわけじゃないし、カウコンでデビューを発表した4人を見たときには「関西から新しいグループがデビューするんだ、あ、この二人ごくせんの人だ」くらいのことしか思ってなかったし、当時神ちゃんのことは知らなかったし、半年後あたりに少クラを見ていてWESTが気になり出すことも、その少し後にハローTOKYOを見て神ちゃんに転がり落ちることも、アイドルなんてテレビで嵐を見るくらいだったのに、1年後には初コンサートをするという彼らのためにチケットを探しているなんて夢にも思わなかった。デビュー前のことが気になって、片っ端から雑誌の切り抜きを集めたり、映像化されたDVDを見たりして知ったふうには思っていたけど、そんな私でもギャン泣きしてるんだから昔から好きだった人は過呼吸とか起こしてないか本気で心配になった。感情がぐわっと上がってきて、こみ上げてくるものを抑えようなんて思いつく前にぶわっと涙が出てきてしまう。松竹座で歌ってたあの歌が、京セラドームで聞こえてるってどういうことなの?夢なのか??みたいなことを考えているうちに濵ちゃんがステイゴールドを歌い出して、あの時からは欠けてしまった人もいるけど、夢を掴んだメンバーの笑顔にあほかと思うぐらい泣けてきてしまった。ばどが当時のダンスをして濵ちゃんを追い抜かして笑わせにきてたけど、やっぱりこの3人はこの3人で一緒にいた時間が長いんだろうな、と思ったし、WESTのときとはいい意味で少し違う、絆のようなものもあった気がしたな~。そしてこの展開なら次は7WESTになるな(そりゃそうだ)みたいな感じで泣きながらも一周回ってそのあたりでは冷静になっていたけど、Dial upのぴぽぱぴぽ(と自分では呼んでる)イントロが流れたらまた涙腺崩壊。ちゃんとWESTが振り返る今までを目に焼き付けておきたいのに、感情が邪魔して全然できなかった。反省すぎる。衣装とかも昔のままで、もう下の子たちが着てるのをわざわざまた着てくれたんだなあ、まだ着れるんだなあと単純に思っていたけど、帰ってTwitter見てたらそれ以上に衣装をメンバー間でチェンジしていたり、そこに彼らの何か意図があるのかは明かされないんだろうけど、そういう細かいところにまで気を遣ってくれるメンバー(とそれに速攻気づく皆様)すごいなー!!って思いました。もう大好きだー!!
正味泣いてて記憶が飛んでいるので絶対に映像化してほしい。この際遅いのはいいからほんとお願いしますお願いします。
あとアメフリの時に顕著だったと勝手に思ってるけど、メインモニターには当時の映像が流れてて(サイドの小さめのモニターは現在が映ってる)、ばどとかは確かに成長してるんだけど手の運びとか視線の合わせ方とかがすごいリンクしてて、これは今なのか昔なのかぱっと見わからなくなるやつが何度かあった。アメフリは最後の音を淳太くんがエア弾きするのが好きだったので、それを同じようにやってくれてすごく嬉しかった。でも泣いてて記憶が飛んでいるので絶対に映像化してほしいです(二回目)。
で、ちょっと落ち着いたところでネクステ。このJr.コーナーだけでも構成考えた人天才すぎる。えっメンバーが考えたんですか??(茶番)まだこれからも次のステージに行くよという意味で受け取ったけど、Jr.時代からの曲なのに未来に繋いでいくよっていう、当時の目標デビューってところからはまた違った曲の意味のネクステが、もっとこの人たちについていきたいっていう気持ちにさせてくれるというかなんというか。とにかくよかった。のっけからこんなんでもう大丈夫かな自分……と思いながら、シルエットで締めるこのセトリを考えた人天才すぎる。ありがとう。すっごいこの時生きててよかったって思えた。

はじめてお披露目の曲とか、MCとか挟んでJr.コーナーへ。今回のJr.MVPは私的満場一致で室龍太くんなんですが(聞いてない)ダンスをこう、さらっとした振りとかでもかっこよく変えてしまうのは何故なんだろうね…??私が龍太担なら死ぬであろう立ち位置の近さだったので、つい見惚れました。龍太のビクゲもすっごいよかったし、最近はツアーにはつかない大吾るたこじ流星とかを見るとまたついてくだせえ……みたいな気持ちになる。fanky8もそれはそれは好きなんだけど、久しぶりについてくれて嬉しかった。

そのあとのクリスマスメドレーはかみしげしか普段言わない(知らない)自分でもLovely Xmasですらある意味勝てない濵ちゃんの一人勝ちだったと思うんだけどほんと面白かった。笑顔でイントロのところだけ歌う濵ちゃんを何度も見る機会もないので、とても貴重なシーンだったし、キスマイ先輩の冬恋ソングをネタに使う(ちゃんと歌うところは歌ってたよってことで悪しからず)とは勇者だなという感想もあったけど、ここらで笑いを取りに行ってくれたのがWESTらしいなと。あと毎回伸ばされた淳太くんの指先綺麗だなって思ってました(感想)。

踊りまくるコーナーはごめんなさいまじで記憶がなうぇすととかぶっていて、神ちゃんが可愛かったことくらいしか覚えてない(いつもそんなもん)。でもホルモンは7人揃っての「ごっつぁんです!」が聞けてすごい嬉しかった。なんか濵田大先生が煽りに入ろうとするといつも何人か欠席するんだから……!ホルモン後半は着替えタイムじゃないんだぞ!となうぇすとにはそこだけ言いたい(無茶)。

そこからは怒涛のかっこいいの嵐。CHO-EXTACYはやってもらえるとはゆめ思ってなかったし神ちゃんほんとかっこいいしみんなめっちゃエロかっこいいから……みたいに語彙力なくなる系のやつ。パリマニとかとはちょっと違う、バッキバキかっこいいというよりは妖艶プラスかっこよくなる、コンサートで音源以上の魅力を感じた曲でした。One Chanceもどっかでやってくれるだろう!と楽観的に思っていたけどいざ来ると超イイ!!(言いたいだけ)流星の第二弾セリフ曲をドームで聞けてほんと最高しか言葉がなかったし、ラストに向けてボルテージMAXにしてくれたところでラッキィスペシャルに繋げて、きゃーきゃーぎゃー!みたいな空気からわいわいみたいな空気に転調していくのがよかったなー。自分で言っててわかりづらい表現だと思うけど(笑)

挨拶もべそべそしながら聞いてたけど、遠い存在になったと感じたとしても近くにいるアイドルでいたい(ニュアンス)みたいなフレーズはとても頭に残っていて、勢いのついてきた彼らとしてはここで良くないスピードをつけすぎたくないな、というのをなんとなく感じたような。ファンを置いて行ってしまうようなスピードが出てるなら緩めるからって言ってくれたの、わざわざそんなこと言ってくれるなんてって思いながらも、嬉しかったなー。あと照史くんがのんちゃんを「何があっても守り切る存在(ニュアンス)」と言ってたのもぐっときた。もう大人になったのんちゃんだけど、兄さま方からしたらやっぱり可愛くてしょうがないのかなと。のんちゃんもそんな風にメンバーを紹介してたけど『先輩風吹かせてた神ちゃん』とこの場においても言ってたのでそりゃあ当時はめちゃくちゃ吹かせてたんだろうなあとちょっと遠い目をしてしまった……デビュー前はふんわりしか知らないけど、ジャックナイフ神山はまだのんちゃんに若干刺さってるのかなあと、思わないわけではなかった(笑)まあこういう場で素直に言えちゃうくらいには抜けたのかなあ、いやでも……といろいろなことに考えを巡らせてしまう(笑)

そしてそしてAll My Love。コンサートのコンセプトに合ってる曲としては一二を争う曲だったと思いますが、すごく好きな曲だからアンコールの目立つところに入れてもらえたのは嬉しかった。手書きの歌詞が出るところとかも、メンバーが考えたんだろうなって思うとこのコンサートのタイトルにもある「感謝届けます」というところを最初から最後まで丁寧に作っていたなあと、どの立場からもの申しているのか自分でもわからないけど(笑)ファンとしてすごく救われるというか、ファンでいてよかったなあってしみじみ思える瞬間でした。

あ~~思ったより長く書いてしまったというかもう深夜(笑)残しておきたいと思った感想レポだけど、感想と泣いたことばっかりになってて全然読み返して理解できるかわからない出来になってしまった。でも初めてのWESTのドームコンサートを見ることができて、しあわせだったなあと思っていた気持ちはどんなに粗くても一度文章にしてとっておきたいと思っていたので、支離滅裂でも残しておきますー!神ちゃんを好きでよかった、WESTを好きになってよかったと思うことはこれからも更新されていくと思うけれど、2016年のジャニーズWESTの締めくくりとして、最高のコンサートでした。

本当に、楽しい時間をありがとうございました……!大好きだーー!!