読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その瞳は宝石よりも

ジャニーズWEST神山担の思い出メモ

FOREVER VBB……と妄想

全60公演、本当にお疲れ様でした。
神ちゃんが斗真先輩と舞台をやるとはじめて知った時から時間はあっという間に過ぎて、いつのまにかフェスティバルホール公演がはじまり、千秋楽まで早かったなあ。月末はバタバタしてるので休めないと思って前週の土曜に見納めしてきたつもりだったけど、やっぱり見たくなって休みもぎとって行ってきましたわ!!千穐楽なんで月曜やねん!!
なんだかんだと各場所楽を逃していたのでせんべいまきもはじめて見ることができて楽しかったです(作文)。かなり後ろのほうだったので、前列で見ていたときと視界の広がり具合が違って、センターブロックだったこともあってすごく見やすくてよかった。せんべいが前方で宙に舞うのを見ながら、なんかこの光景シュールだなあと思って途中から笑いがこみあげてきました(不審者)。前の人しかせんべいはもらえないものと思っていたので、横からせんべいがクラスのプリントを回すように渡されてきたときは「そういうシステムかい!」という気持ち。数千人が見ている舞台の上でキャストが歌ってる間、客席ではせんべい順番に回してるってシュールすぎる。
無事おせんべいを一枚もらって、新感線のシステムをはじめて知って新鮮な千穐楽でした。
すっごい無粋なこと言うと関東から遠征ツアーだったので新幹線の時間が迫っていたので、最後のライブのところで時間が気になって気になって!!ちくしょー純粋な気持ちで舞台を楽しみたかったのに……と時間に追われる社会人のようなことを思ってしまって個人的に残念でしたまる。あとプレビュー見に行ってたのに次行った赤坂でジャンボタクシー短くなってたの気づかなかったすまんプリン体のくだり。

しょうもないことばかり書いてしまった。神ちゃんはカンパニーの一員として、もう特に一ファンがぎゃあぎゃあ言うこともない蛍太郎を見せてくれました。二幕のシーンで一斉にみんなが双眼鏡構えたのが面白かったそりゃ見納めだもんね!!(ごめんなさい)ヒメちゃんもかわいくてほんと……もうヴァンパイアなんてこわくないんだっぴょーっん!!……かわいい……みたいな溜息しかでない。ヒメちゃんでステフォ出してほしい。中村倫也という役者さんをきちんと見ることができただけでも私にとっては幸せな時間でした……。ヒメちゃん蛍太郎と幸せにね……。

かぐや姫は栄子姫とヒメちゃんに分裂できたらみんな幸せになれていいんじゃないかとかずっと考えてしまう。誰か学パロとかでやってくれないかなあと二次創作全盛期時代のオタクはすぐ考えてしまうな~~あかん。

ということで続きにしまっておきました。幸せな時間と幸せな空想をありがとう笑。

 

 

 

◇ 私立宮藤学園高校 ◇

竹井 かぐや
学園のマドンナ的存在(古)で、剣道部所属の二年生。スタイルもよくノリのよい美人で、先輩後輩男女問わず好かれている。頭もよく、模試でも成績トップのため知能は大卒並みと言われている(四大卒)。部活の試合には他校の関係ない男子がごったがえすほどに観覧席に押しかけ、隠し撮りした学内での写真が高額取引されるなどその人気は危険レベル。後輩の蛍太郎に思いを寄せているが、隣クラスの藤志楼と双子の弟に邪魔をされてなかなかうまくいかない。

藤原 藤志楼
トゥーマッチな言動でうざがられることもあるが、なんだかんだと憎めない性格ととにかく顔がいいのでモテるイケメン。部活には入っておらず、試合の時や文化祭の時だけしゃしゃり出てきて活躍するタイプ。かぐやに一目ぼれして隣のクラスからストーカーまがいのアプローチをかけているが、想いは伝わるどころか邪魔者扱いされたり一番おいしいところを蛍太郎に奪われたりと不憫なところも。高額取引されているかぐやの写真を買い占めているのはこの人。実家は由緒ある名家である。帝と神主という友人と学生バンドを組んでいるが、最近台頭してきた留年三人組のバンドに人気を奪われ気味。

蛍太郎
代々藤原家に仕えている家の息子で、高校一年生。藤志楼とは歳が近いため幼少時は遊び相手になっていたが、派手な振舞いの藤志楼に比べると地味なタイプなので学内では目立たないタイプ。園芸部に所属しており、校内の花壇の手入れをしている姿が時折目撃される。実は廃部寸前のダンス部と兼部をしており、運動神経も良く、今年の体育祭ではラスト一番の盛り上がりである学年対抗戦で藤志楼のクラスに勝利してしまい若干恨まれている。かぐやには憧れに似た好意を寄せているが、かぐやから好意を持たれていることは藤志楼の邪魔の甲斐もあり気づいていない。京次郎のことは友人だと思っているが、彼からのアプローチには困惑することもしばしば。

竹井 京次郎

夏からの転校生で、蛍太郎のクラスメイト。一年の春、悪ふざけで姉の学校に仲間と忍び込んだ際、花壇の手入れをしていた蛍太郎に一目ぼれし即転校、以来ずっと猛アタックを続けている。若干引かれつつも友達にはなれた頃、文化祭で女装喫茶をやることになり、衣装を担当した蛍太郎に「かわいいね」と言われたことから女装を続けているが、実際に可愛いために校内にファンクラブが作られているほど。姉も蛍太郎に好意を持っていることは気づいており、あの手この手で邪魔をしている間に藤志楼と知り合ったが、藤志楼が蛍太郎の活躍を妬むためどちらかといえば嫌いであるのだとか。中学時代にやんちゃしていたこともあり一年留年しているため、ひとつ上の姉と双子だということは親しい人しか知らない。自然科学部の先輩と仲が良く、噂では惚れ薬を作っているらしいが……。

 

(∩´∀`)∩テンションが続いてたら続けたいやつ