読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その瞳は宝石よりも

ジャニーズWEST神山担の思い出メモ

愛し合ったら燃えちゃった

Vamp Bamboo Burn 発売日~!いえーい!おめでとうございます。タワレコから発売のお知らせメールが来たときは仕事がめっちゃ忙しいときだったから嬉しすぎてロッカーで泣いたよ……そしてごめんよ予約はセブンネットでしました……ごめんなさいどうでもいい話…。ほんとにほんとに、この作品を映像化してくれてありがとうございます。
神ちゃんの外部舞台が決まったと聞いた時にどんなに嬉しかったかっていうのは前の時にもさんざん書いたと思うけど笑、神ちゃんの演技が好きだったし、劇団☆新感線という老舗劇団のなかで、しかも斗真先輩と共演できることの凄さは、すごいなあすごいなあと言いながらも初日を迎えるまではぼんやりとしていて。長野ではじめてこの舞台を見た時に、神ちゃんはほんとにすごい才能を持ってて、それを生かせる場所をどんどん見つけて行くんだなあって、寂しいとは全然違うけど手放しで嬉しいかというとそれもちょっと違う、勝手に応援している身なので誰目線やねんって感じはするけど誇らしいって気持ちが一番だった気がする。そんな気持ちでいっぱいでした。かわいくて、時にかっこよくて、お茶目で、セクシーな蛍太郎が見られて、夏フェスではちょっと砕けたナチュラルボーンなかっこよさ、京次郎たちとのダンスシーンでは超クールな一面を見せてくれる、出てる時間はそれほど長くないけど、ジャニーズWESTでいるときの神ちゃんとはまた違った魅力をたくさん見せてくれた舞台。そんなに回数を見に行くことはできなかったけど、それがなんと家のテレビで見られる幸せ。収録入ったっていうのを知らなかったからこのままポンコツな記憶を頼りに思い出しながら好きでいるしかないのか……と思っていたので、映像化してくれてほんとにありがとうございます。…とここで言っても伝わらないのでどこかしらに言いに行こう。お礼言いたい!!

以下は蛍ヒメ推しの戯言です(真顔)。ネタバレしかない。
神ちゃんが出るからということで見に行った舞台だけれど、舞台のなかで私の心をがっちり掴んだのはヒメちゃんでした。蛍太郎を愛しすぎていて、蛍太郎を殺したであろう藤志櫻を恨んでいくことだけで一千年もの間、いろんな姿で生きてきたヒメちゃん。最後のCLUB朝廷で泣きながら蛍太郎の形見を手に闘うヒメちゃんを見ているのがつらいつらい。藤志櫻の言葉に心乱されながら、どんどん憎しみに雁字搦めになって、斧捌きが鈍くなっていって、その心の痛みが見ている側にも苦しいほど伝わってくる。中村さんのヒメちゃんはほんとに心を握り潰されるみたいに見ているだけでつらくなった。
正直私は一千年前に栄子姫が蛍太郎を殺した(ほんとは違うかもしれないけど)藤志櫻にコロッと惹かれてしまうのが本当に許せなくて、藤志櫻の情熱とか、そういうのに抗えない魅力を感じたのかもしれないけど、祝言の日に好きな人が殺されたのにそんなに簡単に乗り換えるか〜??と毎回もやもやした気持ちで見ておりました笑。
対してヒメちゃんは藤志櫻のことを殺したいくらいに恨んでる。ずーーーーーっと。蛍太郎のことを今でも愛していて、せっかく再会できたというのに二度も愛するひとを失くしてしまった時に、振り返った瞳に涙を浮かべて、怒りと悲しみが混ざってどうしようもない感情を歌い上げるヒメちゃんは本当に綺麗で悲しかった。
栄子姫は蛍太郎を愛しているけど、藤志櫻を憎からず思うところもあって、ヒメちゃんは蛍太郎を失くした絶望と、思い出のなかの幸せと、藤志櫻への恨みで出来てる。この二人は同じ二人のはずなのに、出てくると全然違う人みたい。言葉にすると難しいけど、例えば藤志櫻と闘う時だって、ヒメちゃんは蛍太郎を味方にするみたいに大事な形見を手に恨みを晴らすためだけにそれを振るうけど、栄子姫はもっと好戦的で、藤志櫻と剣を交えることを楽しみにしてるとさえ思っているように見える。「わたしたちが愛し合ったらどうなるんだろうね?」なんて台詞、きっとヒメちゃんなら言わないし、私がこの舞台でどうしても寂しかったのは、ヒメちゃんの恨みがヒメちゃんの死とともに栄子姫によって薄れてしまったような気がしてしまったからかもしれない。
当の蛍太郎は再会したヒメちゃんのことをかぐや姫とも認定せず、胸で判断するありさまでしたけれど笑、もしあそこで徳永くんと蛍太郎が交わらず、蛍太郎が生きていたら、ヒメちゃんの血を求めて燃え尽きる運命もあったのかもしれないなと、IF野郎は妄想してしまうのよね。ヒメちゃんは蛍太郎になら吸われてもよかったと思うし、それで死ぬとしても全く後悔は無かっただろうし、愛し合ったら燃えちゃった、っていう切ないしどうしようもないラストを蛍太郎とヒメちゃんで見たかったな〜〜〜!!っていうそれこそどうしようもない願望は、とある日の公演のエンディングで蛍太郎がヒメちゃんに結婚してくださいって跪いたっていうはちゃめちゃ自分の目で見たかったけどありがたいレポによりちょっと昇華されました。蛍太郎とヒメちゃん、末長くお幸せにね!!この話誰かと永遠してたい。

Vamp Bamboo Burn は面白いし笑えるし、楽しいんだけどなんかもやもやして考えちゃうのが止まらない。それが舞台というか作品の面白いところなのかもしれないけど、これからも何度も見て、何度も切なくなって泣いて、なんでこうなっちゃうのってもやもやしながら何度でも見ていきたい。そんな舞台に自担がいることって本当に奇跡だし、神ちゃんがいたからこの舞台を見られてよかった。この舞台を見たから新しい神ちゃんの魅力を知れてよかったって、べそべそしながら本編を見返して思います。
なんか怖くてまだメイキング見てないんだよ……超見たいんだけどなんかこれ見ちゃったら映像化してコンテンツとしてひと段落したことを受け止めなくちゃいけなくてつらいんだよ…という面倒臭いオタクです。
とりあえず!この辺で!Vamp Bamboo Burn 発売おめでとう!コングラッチレーション!!超売れて売れますように!!笑
最高の夏と秋をほんとうにありがとう。

なうぇすと超ざっっっっっっっくり感想

ツアー2017 なうぇすとが始まってそろそろ二週間。まったく2017年感がありませんが、ツアー始まるとなんとなく実感が湧いてきたようなそんなこともないような。色んな会場を巡るのも好きなので、例によって来週の今頃は福井にいると思いますが、ここらで備忘録的に横浜公演を振り返っておこうと思います。ちなみに福井はまだ宿を決めかねていたり特急にちゃんと乗れるのかそもそも次の日出勤なのにどこまで帰れるのかというところで不安しかない。遠征初の場所ってほんと不安しかない。
……これ書いてからこの記事ざっと1か月超放置しましたが福井はちゃんと行って帰ってこれましたー!やったね!以下感想書いていきまーす。

 

!ガンガンなうぇすとネタバレしますご注意!

閑話休題。ツアーはラキセからほぼ一年ぶり。あのきらきらしたツアーの記憶は本当に忘れ難くて、社会人になって二日目から休まず宮城に飛んでもまだ入りたいと思ってしまうくらい好きなコンサートでした。そんなこんなで次のツアーにもかなり期待値を上げていたせいもあるけれど、正直横浜初日を見て感じたのは、当たり前だけれど全然別物のツアーが始まったんだなというところでした。
思えばパリピポ、特にラキセはぎらぎらきらきらの上からカラフルをかけたようなイメージの構成・衣装で、ラキセは大道具でチャレンジコーナーを入れたり、罰ゲームで沸かせたりとにかく賑やかだったから、対するなうぇすとの“白地にカラフル”みたいなどちらかといえば落ち着いたツアーコンセプトにびっくりしました。いや途中でアイス被ったりたこやき被ったりしてて全然落ち着いてはいないんだけど(麻痺してる)、切り替えをはっきりとつけて、必要以上に散らかったコーナーもない、すごく整えられたコンサートだなあという印象。
初日はあまりにさっぱりしていて「短いな~」とさえ感じていたけど、横浜公演は良いご縁と必死に休みをもぎ取って5公演入ることができたなかで、WESTは飾り立ててるから楽しいんじゃなくて、ちゃんと盛り上がれるところを考えていてくれたり、聴かせるところはびしっとかっこよくきめてくれるし、そういうきちんと作りこまれたセトリだから楽しいんだって思いました。もちろんわたしがWESTを好きだからというのもあるかもしれないけれど、随所に興味を引く展開があるので楽しい。例えば前半のかっこいい曲CHO-EXTACYからアクセントダンス、がつーんと毛色を変えてアイスを被りバイクを乗り回すとか、そういう真逆のことをやってくれる斬新さ。いつまでも飽きない。
神ちゃんのトランペット挑戦はめちゃくちゃ忙しい中でほんとにチャレンジすぎると思うし、恐れずに正直に言うなら「おめーそれで映像に載せるのか??」という感想が横浜公演ではなくはなくもなかったのに、どんどん公演を重ねるごとに上手くなっていくからほんとうに神ちゃんは神ちゃんだなっていうか、その器用さと努力が音になっていくのを見ているのが楽しい。
ついでにトランペット上手くいかないとYou're My Treasureまで若干ご機嫌斜めな(個人の勝手な見立てです)神ちゃんが好きなんだけど、毎公演上達していく神ちゃんを見てるともっとうまくなったところを見届けたいって思うのはきっと神山担だけではないはず……。
あとUnlimitedも初日はそこに入れるのか~という感じだったけど、聞いてるともうそこしかないよね、一曲目に入れちゃうよりよかった!わざわざ出だしにパリマニを持ってきた淳太くんの意図はただ楽しんでる側からはわからないけど、出てきてUnlimitedよりも、少し間を空けてからのほうがしげちゃんの声が生きるような気がしました。いや誰目線だよって感じですけれど!ごめんなさい!!
あとはダンスコーナーめっちゃ楽しい。えらい偏平足なので着ブロに入ることが多くて、あんまり派手に踊り狂う人とかは周囲にいなかったので、踊るとなったら立ちたいな~(我儘)みたいな感じになるくらい楽しい。立って見てるときは隣の人に迷惑をかけない程度にはっちゃけて騒げるしもーーー!全部現実は忘れて踊っちゃえ!!みたいな解放感最高。好きだ。
今回のユニット曲はどれも好きだけど、見どころをあげるなら雪に願いをは優しい濵ちゃんの視線とのんちゃんの切なげな表情の交錯。あいがったざふろーは「めいっさむのーいず!」と共に上がるMAXボルテージ。無鉄砲ボーイは大画面に映る三人はもちろんなんだけどすまん一押しは淳太くんのくるぶしなんです……。無鉄砲はほんと淳太くんのくるぶしすっごいきれいでダンスがきれいなのはもちろんなんだけど、あの赤い靴から覗くくるぶし最高じゃないかな……?とかなり気持ち悪めに見てます。あと雪に願いを、これぞはまこたの真骨頂という美しいハモりと濵ちゃんの超お兄ちゃんって感じののんちゃんを見守る表情、そしてのんちゃんの表情が今まで見てきたどののんちゃんよりも頼りなさげで儚くて切なくて、たまに濵田さんを見つめる視線がこれはもう超イイ……濵ちゃんじゃないとその顔はしないよねっていう蕩け切った小瀧さんの表情が大好きです。りゅかみちゃんの曲は二人がすっごい楽しそうで、かみしげちゃんでやっていた時とはまた違う絶対的信頼感の同世代コンビがYABAIZO。流星さんって神ちゃん神ちゃん言ってくれるイメージがあるけど、ラップやりたいって言った神ちゃんにすぐ飛びついてくれた流星さんが目に浮かぶし、身長差的にも見た目的にも神ちゃんのほうがキュート寄りなのに実際は神ちゃんのほうがてきぱき先に行き流星さんがついていく関係性超りゅかみ尊すぎる。最後のところ神ちゃんが投げキスしてたら対極側に流星さんも投げキスしだしたり、各公演で見られるいろんな密着りゅかみ含めてあーもう今のシーン頭の中に録画機能つけたすぎ…とのたうちまわるシーン多数。一時も目が離せないのにノリノリでペンラ振っててよく見逃してる(アホ)。
あとかわいい曲で言えばアイス&たこやきかぶってくれたの超嬉しかったです。どこかの公演で濵ちゃんが顔を抜いて抜け殻になったたこやきを見たときはちょっとトラウマになったけど、みんなたこやきの爪楊枝を気にしながら歌ってるのかわいい。後ろのちょろっとしたマントの長さも絶妙だし、大阪弁らーにんぐの時にランニングとマントでみんな踊ってるのがソーキュート。毎公演たこやきになった神山さんの一言が楽しみだけれど、オラオラな感じのイケメンから控えめ女子までキャラの幅が広すぎる。担当が有能すぎて怖いんですけど!(真顔)

そしてラスト、KIZUNA。こんなところで歌うのはずるいでしょってところにあって泣いちゃうくらい7人がきらきらに包まれてまぶしい。7分割画面にしてくれたスタッフさんありがとうございます。神ちゃんがずっと自分のパートではないところも歌っていて全身を動かしているところ、なんとなくしげちゃんに似てるなって思う時がある。あとはまちゃんとのんちゃんが向かい合って歌うところとか、メンバーの見せ場ならぬ聞かせ場になるとみんなしてそれを見守っていて、あったかい気持ちになります。

 

……ぜんっぜん書き足りないしもっと言いたいことありまくるはずなんだけど日本語崩壊してきたからこの辺で。残り10公演!怪我なく幸せな時間をWESTとジャスミンの皆さまが過ごせますように~~!次は初静岡!!行ってきます!!

神ちゃんを好きになったのは??

……正直いつだかよく覚えてない。

2月5日は結成記念日。ジャニーズWESTになってから三年、おめでとうございます。なうぇすとは名古屋公演も終了し気づけばあと10公演なんですって!!まじか!!もうそんなに進んでたのか!!今から寂しいし相変わらず思うけど終わった次の月にはBlu-ray出してくれ頼む。

でも正直ないのかなーって思ってたVBBの映像化が決まってほんとにめーーーっちゃ!!!嬉しい!!三月になったらまたこの件でブログをしたためたいくらいVBBを再び見られることが嬉しすぎる。本当にありがとう。たぶん関係ないけどアンケートに映像化して!!って書き続けてた夏の自分が成仏しました。ほんまサンキューサンキュー!!

 

ぜんぜん話は関係ないのですが、数日前にはてなブログからブログ開設から一年経っておめでとう〜というようなメールをもらったので、こんな辺境の地のブログでもちまちま更新してきたなあというところと、正味三ヶ月ぐらいしかやってないような体感なのでそんな経ってたんかい!!という気持ちで半々な感想だったんですが、ここらでそろそろ自分でも忘れてしまうんじゃないかと思っていた神ちゃんを推すことになった経緯を書いておこうかな〜と急に思い立ちました。思い立ったが百年目!超メモなので間違って迷い込んできた方には大変申し訳ないけれど、初心に返って神ちゃんを好きになった気持ちを書き留めておきたい。もう二年ぐらい経つのか〜と振り返るとわたしのオタク生活も一瞬で過ぎていたようで、長かったような。

そもそも横浜住の当時バリバリ声オタ(聞いてない)のわたしにとって知ってるジャニーズといえばよく見る嵐くらいで、ただ認識としてはとても一般的なメンバーの名前全員知ってる程度の知識と時々のミーハー心だけで、当時の関ジュファンからしたら忘れられなかっただろうカウンドダウンの日も、色々な事情も今までの彼らのことも何も知らなかったわたしがグループ名を書いた紙を掲げた三人と後ろで笑っている若い子を見て思ったことはごくせんの二人がデビューしたんだ〜ってことくらい。長くJr.で頑張ってたらしい、デビューできてよかったね、でも晴れ晴れデビューなのにそんな適当な模造紙に名前書いてあるのかい…、あとの二人は見たことないなあ、グループ名相変わらず捻りがないなあ、みたいな。時々当時からファンをやっていたら、と考えることはあるけれど、今ぐらいの熱量で神ちゃんを好きだったら本気で生きていけただろうかと不安になるところはある。WESTのことを好きになったのも本当はあんまり良くないとはわかってるんだけど、精神的に少しよろしくないときに助けてもらったっていうのもあるから、精神的な支柱である彼らが揺らいでいたあの時に7WESTのファンをやっていなかったこともわたしとしては必然だったのかなとも思います。なんともいえないけれど、もちろんデビューの瞬間をみられなかったのは残念だけど、ファンはそれぞれ最善の時にファンになってると信じたいのでそういうことにしておこうと思う笑。カウンドダウンからだいぶ経って、たまに気がついたら見ていたくらいの少クラで、濵ちゃんのGive meを見たのがそれから一番近いWESTの記憶かなあ…すごくかっこよかったので、そのあとジャニーズWESTをあばけで見た濵ちゃんと同一人物だと気付いたのはかなり後だった笑。今だとああいう濵ちゃんを見ることはあんまりないけど、クールな濵田崇裕にもかわいい濵ちゃんにもなれる濵ちゃんの魅力はどちらもすごいので、前者ももっと見たいなと思うときはよくある。こう…お兄ちゃん的なかっこよさもあるんだけど、もっと近寄りづらいかっこよさをどんどん見たい。

当時はやっぱり四人が前にいることが多くて、メンバー全員が揃うのを見たのは少クラNEWSでえらくとんでもない楽屋を見せてくれたときだったので最初の印象は良くも悪くも散らかってるグループだなあという感じ。あとゴムパッチンのグループ笑。初期は名前もろくに知らなかったのでごくせんの子二人とイケメン二人とちっちゃいこともう一人のお兄さんと歯医者でいつもいない子っていう思い出してもひどい名称で呼んでました……もうほんと今となっては謝りたいんだけどどこに謝ればよいの??神ちゃんに至ってはだいぶ経ってからもSAYURIに出てた時の大後寿々花さんに似てるという理由で大後と呼んでおりました。今振り返っても当時ファンじゃなかったけどかわいさがヒットしてたのは十分伝わってくる。そのときはなんの違和感もなく呼んでたけどよく考えたら成人男性をかわいい女の子の子役になぞらえてるとかキュートさにやられてるとしか思えない。

神ちゃんの少クラでの印象は静かでぜんぜん話さないちっちゃいこ。髪色が派手な割に引っ込み思案なのかと思ってる時もあった。いっつもトークになるとずるずる後ろに下がっていって、ただでさえ後ろなのにさらに流星の後ろに隠れちゃうし、自信なさそうだし、きれいにトークを回していく照史くんや淳太くんに比べると明らかに不安そうな表情をしていて、「なんでそんなに話したがらないんだろう…」と不思議にすら思ってた。でもいざジャニーズWESTをあばけとかコーナーで話し出すと、一人だけ若干滑ったりしていたので、話すのは苦手なのかなと思ってた。実際トークが上手いかどうかでいえばWESTの中では苦手なほうかもしれないけど、このときは特に話すとなるとすぐにするりと後ろに隠れる神ちゃんが珍しさからちょいちょい気になってた。

WESTを「時々見てて楽しいグループ」ぐらいの印象からがっつり変えてくれたのは正直神ちゃんじゃなくてツインタワーのVIVIDでした。少クラしか見てない族からするとようやくジャニーズWESTには重岡くんっていう子がいるらしい……みたいな認識の時に見たin大阪。ギャグじゃないけどほんとに歌詞通りにビビっときたというか、「えっ人類にこんなかっこいい人いる??」みたいな気持ちになった。心からカルチャーショック。のんちゃんと流星はずっとイケメンだとは重々承知してたけど、VIVIDはダンスも表情も演出もすべてがかっこよくて、ツインタワーがツインタワーたる所以というか、二人並ぶとひっくり返るような美しさとかっこよさになんかもう言葉がない、みたいな時がままあるよね??あるよね!!みたいな感じで心にざっくり刺さりました。VIVIDはほんとにいい…この曲がなければここまでWESTに入れ込むことはなかったなと自分でも思うので、感謝もしてる曲です。

鬼リピートしてたけどあくまでかっこいいアイドル、テレビでしか見ないし茶の間でも十分だなあと思ってたところで迎えたなにわ侍ハローTOKYOの発売日。どうやらVIVIDも収録されているらしい、というあやふやな情報にて欲しいとは思ったものの、特にファンでもないのに買うかどうかはちょっと迷っていて。自販機でボタン二個押しするかのごとく、初回盤のBlu-rayがあったら買おう!ということでお店に行くことにしたのはなんとなく自棄になってるときだったからっていうのもあったけど、なんかこう……運命的なものも感じてたんだよ!!まじだよ!笑っていいよ!!

予約もしてなかったけどたまたまあった初回盤Blu-rayを買い、はじめて買ったジャニーズの舞台のBlu-ray、しかも特典としてついてくるポスターをどうやって持ち帰ればいいか戸惑いまくり、勢いだけで決めた購入だったけどほんとーーーにこの日わたしの行ったお店にBlu-ray初回盤があってよかった!!迷わないで買ってよかった!!……まじ知らんがなって感じだけど、はじめてWESTがどうやって生まれたグループなのかを知り、WESTのポテンシャルの高さを思い知り、そして何より神ちゃんのことをぜんぜんわかってなかったなあってことを知りました。今でも神ちゃんのことを知り得てるとは思わないけど、自信に満ちたぎらぎらした瞳も、かわいいところも、かっこいいところも、お茶目なところも全部、見ていると言葉にできないような、感じたことのない気持ちがぶわーっと溢れてきて、気がつけば泣きながら神ちゃんの魅力に転げ落ちてたなあ笑。シルエットのところももう何度見たかっていうくらいいいシーンだと思うけど、照史くんが一歩を歌う中で、夢を諦めきれずに踊る神ちゃんの表情と指先まできれいなダンス、あのシーンは台詞もないけど思い出すだけでもぼろぼろ泣いてしまうくらい好き。この人のことをもっと知りたいし、ジャニーズWESTというグループをもっと知りたいとなにわ侍を見終わってからは自分でも引くくらい行動が早かった笑。それまでにリリースされたCDを集めて切り抜きをデビュー前のものから譲ってもらって、1週間もしないうちにめぇコンのチケットのお譲りを探して、Jr.時代の映像を片っ端から集めたり見たり。何が自分をそこまで急かしてたのかわからないけど、なんか今ここで見逃したら後悔するなって思った直感を信じてよかった。

はじめて一人できた横浜アリーナは広くて、人も多くて、すっごい派手な格好をしてる人もいて、なんかもう知らないことばっかりだったし、物販ってなんでこんなに混むのってくらい並んでたけど、少し煙った空気の中で遠くからでもはじめてのデビューコンサートに立ってるメンバーは嬉しそうで、きらきらしてて、アイドルをはじめて見たけど、こんなに遠いのに近いように錯覚させるんだなあ、って思った。ここにいる人は少なからずWESTのこと好きなんだ、こんなにファンっているのかー!みたいな今から考えるとすごくすごくぺーぺーな感想。コールアンドレスポンスっていうのも初めての時は戸惑ったし、周りの真似して色んなこと覚えなきゃって色々調べて。あとうちわ持つっていう文化が声オタには当時全然なかったから色んなファンサうちわ見るのも新鮮だった。めぇコンはとりあえずペンラだけ持って入ったけど終わってから今度はうちわ作ってこう、ってもう次のこと考えてたなあ。めぇコンはほんとに楽しかった。初めての現場がめぇコンで、横アリでやってくれてほんとにありがとうって気持ちでいっぱいです。

 

ぐさっと刺さって気付かないうちに気持ちを全部持ってかれるみたいに神ちゃんを好きになったけど、少し落ち着いてみると、声がきれいなのと目が好きだなあって冷静に気づけることがあって。ダンスとかモノマネとか笑顔とか演技力とか、今となっては漁った分だけ好きなところを言えそうだけど、やっぱり最初に好きになったのも、いつでも神ちゃんの魅力を感じるのは言葉にはできない瞳かなあと、ブログを作った時にはそれをタイトルにしたのです……。なんとなくつり目できりっとしつつ、きゅるりと丸くて可愛くて、笑うとぎゅっと釣れて、ぱちぱち大きくて不思議な魅力があって、見てるとなんかもうとにかく好きだ!!!(@俺物語)みたいな気持ちに溢れる……神ちゃんイズピースフルアンドビューティフル。そんな感じ笑。

 

神ちゃんのことを思い出して書いていると語彙力ゼロになるんですが神ちゃんが好きなんです。それだけ!!これからのことはぜんぜんわからないけどその時の気持ちだけは書き留めておきたくて、アホな文章になるけど残しておこう笑。

これからもWESTが7人で元気に仕事できますように!よい仕事がたくさんできますように!結成三年ほんとうにおめでとうございます。

なうぇすと福岡⇒エクストリーム出社失敗しました

北九州空港なう。

ジャニーズWEST LIVE TOUR なうぇすと福岡公演に行ってまいりましたー!去年のラキセの時はえらい大雪で、一昨年のパリピポの時はまあまあ雨が降っていたなどなかなか天候に恵まれないなあというイメージの福岡。今回はどんなんもんじゃいと思っておりましたが天気はまずまず、2日目は雨に降られましたがそんなに大雨というわけでもなく…比較的天候には恵まれたのではないかな〜と(これを書いてからようやく乗れた機内から見たら外がなかなかの雨でした乙)。そんなことを北九州空港で書いている私は博多3:30発のバスに乗り、5:30北九州空港発の飛行機に乗ってエクストリーム出社を目指しておりましたが、なんとなんとここで出たよ欠航!!!(すっごい困ってるけどなんか冷静)濃霧のための機材繰りを理由に、ということでたぶん次便は飛ぶけど(飛ぶよね…?/遅延で飛びました)エクストリーム出社大失敗ですわ……今超言い訳を必死に考えてるんですけどなんて言ったらいいのか…だいたいこういう計画してたことがうまくいかないとやけになって休むタイプ(小学校の時とか寝坊したらめっちゃ休んでた)なので、今から欠席連絡したいのはやまやまなんですが、今日はちょうどなんか忙しい日で休んだら何言われるか…って感じなので行かないと行けないのかな〜〜つら〜〜行きたくねええ…。

愚痴はさておき、備忘録としてエクストリーム出社予定だった4時くらいまでの自分の記録を残しておこうと思います。

 

3時起床。寝坊したらやばいのでぱっと目を覚ましました。事前に準備はしていたので20分だらだらしてチェックアウト。ホテルの人叩き起こしてごめんなさい。

 

3:25に博多駅前バス停乗り場A。ここが一番緊張してたけど絶対他のジャスミンいるでしょ〜と高をくくってたら誰もいなかった。こええよー。ガッチガチになって待っていると3:31ほぼ定刻に北九州空港行きの福北リムジンバスがきました。

f:id:yuzuprin:20170130092202p:plainf:id:yuzuprin:20170130092246p:plain

バスの中はこんな感じ。まさかの一人乗車だったけど次の筑紫口で3名乗車。ちょっとほっとしました(日記)。走り出して10分ほどすると運転手さんからシートベルト閉めてね〜何時につくよ〜的なアナウンスがあり、そこからは予備灯だけになるので夜行バスみたいでした。夜行バス乗ったことないけども!!

f:id:yuzuprin:20170130092333p:plain

そんなこんなで4:47くらいに北九州空港に到着。時間めっちゃあやふやなんですがその30分前に「おめーの乗る便欠航するから!よろしくごめんね!(ニュアンスです)」みたいなメールを頂戴したので動揺しておりました。うわーん早起きしたのに!!濃霧のアホー!!

 

まあさておき飛ばないものは飛ばないので失敗談として覚えておこうねっていうただの戒めです…もろたお詫び券で意識高いおたくは三回目の電池交換のためボタン電池を購入しました。ただとにかく福岡公演はほんとに楽しくて、去年も泣きながら福岡から帰ったくらい福岡はやっぱり楽しかった。他の会場もめっちゃ楽しいんだけど、Twitterでちょっと言われてるメンバーの熱量が違くない??云々じゃなくて、どちらかというとファンが熱い。悪く言えばかしましいのかもしれないけど、ぐわーーっと押し寄せるような熱量を福岡の会場では特に感じます。だから何感すごいけど私もはじめてジャニストコールできたし(ちょっと恥ずかしくてパチパチしかしたことなかった)なんか乗せてもらってすごい声出せた。楽しかったな〜!

 

絶対に福岡ラスト見ないで帰りたくねえという我儘のもとにエクストリーム出社を目指しておりましたが残念ながら今回は失敗!ほんとごめん我が会社!!とかとりあえず言い訳考えるか素直に申告します!!あと福岡めっちゃ楽しかったーーー!!ありがとうーー!!また来ます!!

24から感謝届けます❤

あけましておめでとうございます。風邪ひきましたわ。うっうっ……。

そんな近況報告が終わった今、なうぇすと横浜アリーナ公演が終わってしまいました。お疲れさまです。なうぇすとで24魂の記憶が消えないうちにということで感想文を書いておこうと思ったんだけれども、鳥頭なのですでにやばい。なんかすごかったことは覚えているけれどなんかすごかっただけじゃただの頭悪い感想になってしまうのでセトリを追いながら頑張って思い出していきます。

まずグッズ。新幹線の中でとにかくグッズ列やばいみたいなツイートを見かけて買えなかったらどうしよう!と右往左往していましたが、初日公演の2時間前くらいから並んで30分くらいで買えたのでほんとよかった……。しかも今回のグッズはかわいいのばかりでした。ペンライトはうちでは勝手にユキオと名付けて(安直)ユキちゃんとか呼んでましたけど、さらっと七色変化するペンライトってすごいよね??!かちかちすると色変わるよ!?とテンションめっちゃ上がりました。カウコンにも連れて行ったけれど計4公演だけに使ってあとは使えないのもったいなさすぎる。なんかどっかで使いたい!と思うほど可愛くて、難点を挙げるとするならホルモン踊るときに隣の人を殴らないようにしないといけないスケール感なところでしたが、ペンライトというよりは置物キャラクターという感じに特化していて、名前を付けたこともあるけれどとても愛着があったなあ(笑)ブランケットもふわふわであったかくて、身内の分も含めて3枚くらい買ったらまあまあのボリュームで帰るのめっちゃ大変だった(アホ)マグカップは割ったりしたらと思うと怖くてまだ使えてないんですが、コーヒー飲むのに使いたい。濵田担の身内は嬉々として使ってるマグカップ。濵ちゃんがこんなこと書くんだーと意外だったけど、一番意外というか謎だったのは流星さんよな。マグカップ親子とか斬新すぎるセンスにじわじわ笑ってしまう。

京セラドームはワクワク学校以来二回目だったので、場所は知っているが完全アウェイという感じでした。あとここってどこのホテルを取ったらいいのか全く決められない。今回は心斎橋にホテルを取りましたが御堂筋線に近いホテルだったので、長堀鶴見緑地線を降りる→駅の中をだかだか歩いてホテルに向かうのは正直ちょっと骨だったかも。この会場だったらこことここ、みたいなホテルは知っておきたいところなんですが、なかなかうまく決められないなあ。

コンサートについては出てくる前の映像が面白くて、初日はもしかして上から降ってくるの!?とめでたく頭上を見上げたりもしてましたが(どう考えても危ないやつ)、「これからプレゼントを届けに行くよ!」というわかりやすい感じだったし、メンバーのポジションというかキャラクターを端的に表した自己紹介のようになってもいて、短い時間ですごいなあと思ったような。そこからざんっ!と幕が落とされるところ、ええじゃないかー!ってしげが緊張しつつもきらっきらの笑顔で言うところで本当なら「初っ端ええじゃないかかい!まあ定石か~」なんて笑って見ていたかったけれど、もうぜんぜんだめで。ドームで7人が歌ってる、新しい衣装を着て、緊張しながらも笑って、こんなたくさんのお客さんに囲まれて。そんなの見て泣かないなんて無理だ~!と思いながら、でもちゃんと記憶に、こうして歌ってるWESTを留めておきたいっていう気持ちとの闘いでした(笑)結果ちょっと涙に負けた(笑)ほんとにドームに立ってるんだ!ってメンバーも思ってただろうけど、ファンとしてもその気持ちはすっごく強かったなあ。シングルを追うようなセットリストだったと思うけど、その後のSCARSとCan’t Stopあたりではパリピポを思い出したりもして、特にSCARSをドームで見られたのは嬉しかった。濵ちゃんのアレンジをまた聞けるのもすごく嬉しい。

Jr.コーナーは男の子が見ている時計の針がくるくる逆回転するのを見ながら、これから何が起きるんだろうっていうわくわく感と、何かやばいものがくるぞっていうどきどき感がすごかった。……ような。正直初めて見たときにどこまで自分が予感してたか覚えてないけど。そこから過去の映像が次々流れてきたときにはたぶんこれやばいやつだ……と思っていたと思いたいけど、まさかこんな風な展開になるとは全く予想していなかったので、帰った後もTwitterで延々言ってたけどアメフリのイントロが聞こえたときは幻聴か夢だと思ってた。今でも全然信じられない(笑)
わたしは別にずーーーっと昔から応援してたわけじゃないし、カウコンでデビューを発表した4人を見たときには「関西から新しいグループがデビューするんだ、あ、この二人ごくせんの人だ」くらいのことしか思ってなかったし、当時神ちゃんのことは知らなかったし、半年後あたりに少クラを見ていてWESTが気になり出すことも、その少し後にハローTOKYOを見て神ちゃんに転がり落ちることも、アイドルなんてテレビで嵐を見るくらいだったのに、1年後には初コンサートをするという彼らのためにチケットを探しているなんて夢にも思わなかった。デビュー前のことが気になって、片っ端から雑誌の切り抜きを集めたり、映像化されたDVDを見たりして知ったふうには思っていたけど、そんな私でもギャン泣きしてるんだから昔から好きだった人は過呼吸とか起こしてないか本気で心配になった。感情がぐわっと上がってきて、こみ上げてくるものを抑えようなんて思いつく前にぶわっと涙が出てきてしまう。松竹座で歌ってたあの歌が、京セラドームで聞こえてるってどういうことなの?夢なのか??みたいなことを考えているうちに濵ちゃんがステイゴールドを歌い出して、あの時からは欠けてしまった人もいるけど、夢を掴んだメンバーの笑顔にあほかと思うぐらい泣けてきてしまった。ばどが当時のダンスをして濵ちゃんを追い抜かして笑わせにきてたけど、やっぱりこの3人はこの3人で一緒にいた時間が長いんだろうな、と思ったし、WESTのときとはいい意味で少し違う、絆のようなものもあった気がしたな~。そしてこの展開なら次は7WESTになるな(そりゃそうだ)みたいな感じで泣きながらも一周回ってそのあたりでは冷静になっていたけど、Dial upのぴぽぱぴぽ(と自分では呼んでる)イントロが流れたらまた涙腺崩壊。ちゃんとWESTが振り返る今までを目に焼き付けておきたいのに、感情が邪魔して全然できなかった。反省すぎる。衣装とかも昔のままで、もう下の子たちが着てるのをわざわざまた着てくれたんだなあ、まだ着れるんだなあと単純に思っていたけど、帰ってTwitter見てたらそれ以上に衣装をメンバー間でチェンジしていたり、そこに彼らの何か意図があるのかは明かされないんだろうけど、そういう細かいところにまで気を遣ってくれるメンバー(とそれに速攻気づく皆様)すごいなー!!って思いました。もう大好きだー!!
正味泣いてて記憶が飛んでいるので絶対に映像化してほしい。この際遅いのはいいからほんとお願いしますお願いします。
あとアメフリの時に顕著だったと勝手に思ってるけど、メインモニターには当時の映像が流れてて(サイドの小さめのモニターは現在が映ってる)、ばどとかは確かに成長してるんだけど手の運びとか視線の合わせ方とかがすごいリンクしてて、これは今なのか昔なのかぱっと見わからなくなるやつが何度かあった。アメフリは最後の音を淳太くんがエア弾きするのが好きだったので、それを同じようにやってくれてすごく嬉しかった。でも泣いてて記憶が飛んでいるので絶対に映像化してほしいです(二回目)。
で、ちょっと落ち着いたところでネクステ。このJr.コーナーだけでも構成考えた人天才すぎる。えっメンバーが考えたんですか??(茶番)まだこれからも次のステージに行くよという意味で受け取ったけど、Jr.時代からの曲なのに未来に繋いでいくよっていう、当時の目標デビューってところからはまた違った曲の意味のネクステが、もっとこの人たちについていきたいっていう気持ちにさせてくれるというかなんというか。とにかくよかった。のっけからこんなんでもう大丈夫かな自分……と思いながら、シルエットで締めるこのセトリを考えた人天才すぎる。ありがとう。すっごいこの時生きててよかったって思えた。

はじめてお披露目の曲とか、MCとか挟んでJr.コーナーへ。今回のJr.MVPは私的満場一致で室龍太くんなんですが(聞いてない)ダンスをこう、さらっとした振りとかでもかっこよく変えてしまうのは何故なんだろうね…??私が龍太担なら死ぬであろう立ち位置の近さだったので、つい見惚れました。龍太のビクゲもすっごいよかったし、最近はツアーにはつかない大吾るたこじ流星とかを見るとまたついてくだせえ……みたいな気持ちになる。fanky8もそれはそれは好きなんだけど、久しぶりについてくれて嬉しかった。

そのあとのクリスマスメドレーはかみしげしか普段言わない(知らない)自分でもLovely Xmasですらある意味勝てない濵ちゃんの一人勝ちだったと思うんだけどほんと面白かった。笑顔でイントロのところだけ歌う濵ちゃんを何度も見る機会もないので、とても貴重なシーンだったし、キスマイ先輩の冬恋ソングをネタに使う(ちゃんと歌うところは歌ってたよってことで悪しからず)とは勇者だなという感想もあったけど、ここらで笑いを取りに行ってくれたのがWESTらしいなと。あと毎回伸ばされた淳太くんの指先綺麗だなって思ってました(感想)。

踊りまくるコーナーはごめんなさいまじで記憶がなうぇすととかぶっていて、神ちゃんが可愛かったことくらいしか覚えてない(いつもそんなもん)。でもホルモンは7人揃っての「ごっつぁんです!」が聞けてすごい嬉しかった。なんか濵田大先生が煽りに入ろうとするといつも何人か欠席するんだから……!ホルモン後半は着替えタイムじゃないんだぞ!となうぇすとにはそこだけ言いたい(無茶)。

そこからは怒涛のかっこいいの嵐。CHO-EXTACYはやってもらえるとはゆめ思ってなかったし神ちゃんほんとかっこいいしみんなめっちゃエロかっこいいから……みたいに語彙力なくなる系のやつ。パリマニとかとはちょっと違う、バッキバキかっこいいというよりは妖艶プラスかっこよくなる、コンサートで音源以上の魅力を感じた曲でした。One Chanceもどっかでやってくれるだろう!と楽観的に思っていたけどいざ来ると超イイ!!(言いたいだけ)流星の第二弾セリフ曲をドームで聞けてほんと最高しか言葉がなかったし、ラストに向けてボルテージMAXにしてくれたところでラッキィスペシャルに繋げて、きゃーきゃーぎゃー!みたいな空気からわいわいみたいな空気に転調していくのがよかったなー。自分で言っててわかりづらい表現だと思うけど(笑)

挨拶もべそべそしながら聞いてたけど、遠い存在になったと感じたとしても近くにいるアイドルでいたい(ニュアンス)みたいなフレーズはとても頭に残っていて、勢いのついてきた彼らとしてはここで良くないスピードをつけすぎたくないな、というのをなんとなく感じたような。ファンを置いて行ってしまうようなスピードが出てるなら緩めるからって言ってくれたの、わざわざそんなこと言ってくれるなんてって思いながらも、嬉しかったなー。あと照史くんがのんちゃんを「何があっても守り切る存在(ニュアンス)」と言ってたのもぐっときた。もう大人になったのんちゃんだけど、兄さま方からしたらやっぱり可愛くてしょうがないのかなと。のんちゃんもそんな風にメンバーを紹介してたけど『先輩風吹かせてた神ちゃん』とこの場においても言ってたのでそりゃあ当時はめちゃくちゃ吹かせてたんだろうなあとちょっと遠い目をしてしまった……デビュー前はふんわりしか知らないけど、ジャックナイフ神山はまだのんちゃんに若干刺さってるのかなあと、思わないわけではなかった(笑)まあこういう場で素直に言えちゃうくらいには抜けたのかなあ、いやでも……といろいろなことに考えを巡らせてしまう(笑)

そしてそしてAll My Love。コンサートのコンセプトに合ってる曲としては一二を争う曲だったと思いますが、すごく好きな曲だからアンコールの目立つところに入れてもらえたのは嬉しかった。手書きの歌詞が出るところとかも、メンバーが考えたんだろうなって思うとこのコンサートのタイトルにもある「感謝届けます」というところを最初から最後まで丁寧に作っていたなあと、どの立場からもの申しているのか自分でもわからないけど(笑)ファンとしてすごく救われるというか、ファンでいてよかったなあってしみじみ思える瞬間でした。

あ~~思ったより長く書いてしまったというかもう深夜(笑)残しておきたいと思った感想レポだけど、感想と泣いたことばっかりになってて全然読み返して理解できるかわからない出来になってしまった。でも初めてのWESTのドームコンサートを見ることができて、しあわせだったなあと思っていた気持ちはどんなに粗くても一度文章にしてとっておきたいと思っていたので、支離滅裂でも残しておきますー!神ちゃんを好きでよかった、WESTを好きになってよかったと思うことはこれからも更新されていくと思うけれど、2016年のジャニーズWESTの締めくくりとして、最高のコンサートでした。

本当に、楽しい時間をありがとうございました……!大好きだーー!!

FOREVER VBB……と妄想

全60公演、本当にお疲れ様でした。
神ちゃんが斗真先輩と舞台をやるとはじめて知った時から時間はあっという間に過ぎて、いつのまにかフェスティバルホール公演がはじまり、千秋楽まで早かったなあ。月末はバタバタしてるので休めないと思って前週の土曜に見納めしてきたつもりだったけど、やっぱり見たくなって休みもぎとって行ってきましたわ!!千穐楽なんで月曜やねん!!
なんだかんだと各場所楽を逃していたのでせんべいまきもはじめて見ることができて楽しかったです(作文)。かなり後ろのほうだったので、前列で見ていたときと視界の広がり具合が違って、センターブロックだったこともあってすごく見やすくてよかった。せんべいが前方で宙に舞うのを見ながら、なんかこの光景シュールだなあと思って途中から笑いがこみあげてきました(不審者)。前の人しかせんべいはもらえないものと思っていたので、横からせんべいがクラスのプリントを回すように渡されてきたときは「そういうシステムかい!」という気持ち。数千人が見ている舞台の上でキャストが歌ってる間、客席ではせんべい順番に回してるってシュールすぎる。
無事おせんべいを一枚もらって、新感線のシステムをはじめて知って新鮮な千穐楽でした。
すっごい無粋なこと言うと関東から遠征ツアーだったので新幹線の時間が迫っていたので、最後のライブのところで時間が気になって気になって!!ちくしょー純粋な気持ちで舞台を楽しみたかったのに……と時間に追われる社会人のようなことを思ってしまって個人的に残念でしたまる。あとプレビュー見に行ってたのに次行った赤坂でジャンボタクシー短くなってたの気づかなかったすまんプリン体のくだり。

しょうもないことばかり書いてしまった。神ちゃんはカンパニーの一員として、もう特に一ファンがぎゃあぎゃあ言うこともない蛍太郎を見せてくれました。二幕のシーンで一斉にみんなが双眼鏡構えたのが面白かったそりゃ見納めだもんね!!(ごめんなさい)ヒメちゃんもかわいくてほんと……もうヴァンパイアなんてこわくないんだっぴょーっん!!……かわいい……みたいな溜息しかでない。ヒメちゃんでステフォ出してほしい。中村倫也という役者さんをきちんと見ることができただけでも私にとっては幸せな時間でした……。ヒメちゃん蛍太郎と幸せにね……。

かぐや姫は栄子姫とヒメちゃんに分裂できたらみんな幸せになれていいんじゃないかとかずっと考えてしまう。誰か学パロとかでやってくれないかなあと二次創作全盛期時代のオタクはすぐ考えてしまうな~~あかん。

ということで続きにしまっておきました。幸せな時間と幸せな空想をありがとう笑。

 

続きを読む

現場をください

今 わたしの 願いごとが 叶うならば 現場がほしい

この 両手に 星のように 光るペンラ 売ってください

 

セクゾ先輩のコンサートと滝沢歌舞伎が続々届いて楽しい今日この頃、考えないようにしてたけどWEST先輩のラッキィィィィィィィ7はいつになったら発売日を教えてもらえるのでしょうか!あと次の現場はいつスケジュールを教えてもらえるのでしょうか!!

神ちゃんの舞台は明日で東京千秋楽、おめでとうございます。東京残り、富山に大阪とびゅんびゅん終わってしまうのが寂しいけれど、怪我なく最後まで素晴らしい舞台を見せてくれますように。そしてコンサートの日程かラキセの発売日がはよわかりますよーに!!現場をください!!